FT14

フリーフライト機用タイマー
                                                    2021/02/14

    




1.概要
 小型フリーフライト機用のタイマーです。
本回路は、リチウムポリマー・バッテリー(Li-Po)1セル専用となります。充電回路も基板上に実装しましたので、Li-Poを接続したまま簡単に充電することができます。
充電用コネクタは、スマホ等のコネクタとして一般的になりつつあるUSB type-Cコネクタにしてみました。


2.機能
 ●充電機能付きフリーフライト機用タイマー


3.仕様
 ●充電入力電圧 : 5.0V(USB type-C)
 ●バッテリー : Li-Po 1cell 専用 (推奨容量:50mAH〜120mAH)
 ●モーター出力電流 : 2.0Amax
 ●タイマー時間 : 6〜40秒
 ●基板外形 : 34*15*6(縦*横*高さ)
 ●重量 : 1.8g


4.回路図



5.部品表
部品番号  部品名  仕様  メーカー  備考 
 IC1  リチウムイオンバッテリー充電用IC  MCP73831  Micro Chip Technology  
 IC2  マイコン  ATtiny13A  Micro Chip Technology  
 Q1  FET  2SK2159  ルネサス エレクトロニクス  
 D1  ショットキー・バリア・ダイオード  BAT60  infineon  
 LED1  LED  UR1111C  スタンレー  赤色
 R1  抵抗   22kΩ    
 R2  抵抗  470Ω  
 R3  抵抗   10kΩ    
 R4  抵抗   3.3kΩ    
 R5  抵抗   10kΩ    
 VR1  ポテンショメータ   2.2Ω    
 C1〜C2  セラミック・コンデンサ  10uF/10V    
 C4〜C6  セラミック・コンデンサ  0.1uF/16V    
 SW1  タクト・スイッチ      
 CN1  コネクタ  USB type-C    


6.マイコン プログラムのダウンロード
本回路はマイコンを使っていますので、自作する方は、マイコンにプログラムを書き込む必要があります。
プログラムは、下記ファイルをクリック、保存してからマイコンへの書き込みを行って下さい。
(右クリックで ”対象をファイルに保存” を選択)

ft143.hex



7.配線図
配線は、下図を参照してください。



8.使い方
 USB type-Cコネクタ接続することでリポバッテリーの充電することができます。充電中は基板上のLEDが点灯し、充電が完了するとLEDは消灯します。
 基板上のポテンショメータでモーターラン時間を設定します。左に回すとモーターラン時間は短くなり、右に回すとモーターラン時間は長くなります。
 基板上のスタートSWを押すとモーターが始動します。モーターラン中にスタートSWを押すとモーターは停止します。
 モーターが始動してもすぐに停止してしまう場合は、電池切れです。Li-Poバッテリーを充電してください。
 モーター停止中は、電流はほとんど流れませんので、暫く使わない場合でもLi-Poバッテリーをいちいち外す必要はありません。