PT10

パワー・オフ・タイマ
                                                    2022/11/20

       




1.はじめに
 電源を切り忘れても、一定時間後に電源を切断してくれる回路です。
AC電源の装置でしたら、あまり問題になりませんが、乾電池で動作する装置で電源を切り忘れたために電池がカラになってしまい、
「勿体ないことをした」とショックを受けたことがあるかと思います。
そのようなことを防止するために、電源ON後、一定時間経過したら自動で電源を切ってくれる回路を制作してみました。
自動パワーオフまでの時間は、基板上のDIPスイッチにより10秒~30日まで幅広く設定できます。
回路が働いて電源OFF後、再度電源ONするには、電源スイッチを一旦切って、電源スイッチを再度ONすれば再び電源をONすることができます。



2.機能
 ●パワーオフタイマー



3.仕様
 ●入力電源電圧 : 3V~14V 
 ●出力電流 : 3Amax
 ●設定時間 : 10sec~30days
 ●回路消費電流 : 動作時/OFF時 0.5mA/1uA~10uA(DIPスイッチ状態により変わる)
 ●基板外形 : 21*13*5(縦*横*高さ)
 ●重量 : 0.9g



4.回路図




5.部品表
部品番号  部品名  仕様  メーカー  備考 
 IC1  三端子レギュレータ  S-812C20  ABLic  
 IC2  マイコン  ATtiny13A  Micro Chip Technology  
 ZD1  ツェナーダイオード  DAM1MA18  Rohm  
 C1  チップセラミックコンデンサ  1uF/25V  
 C2  チップセラミックコンデンサ  1uF/10V    
 C3  チップセラミックコンデンサ  0.1uF/10V    
 R1  チップ抵抗  1MΩ    
 R2  チップ抵抗  100kΩ    
 R3  チップ抵抗  10kΩ    
 R4  チップ抵抗  1MΩ    
 R5~R8  チップ抵抗  1MΩ    
 SW1  DIP SW  4digit    



6.プログラム
自作する場合は、マイコンにプログラムを書き込む必要があります。
下記ファイルをダウンロードしてマイコンへの書き込みを行ってください。

pt100.hex



7.配線




8.使い方
 電源が投入されると、本回路を介して負荷にも給電されますが、一定時間経過後、回路上のMOSFETがOFFして負荷への電源を切り離します。
本回路が働いて負荷への電源が遮断された場合、再度負荷へ通電するには、電源スイッチを切って(3秒以上OFF状態を保つ)から
再び電源スイッチをONしてください。
 パワーオフまでの時間は、基板上のDIP SWで設定できます。設定時間については、下表を参照してください。
 DIP SW  OFFまでの時間
1   2  3  4
 OFF  OFF  OFF  OFF  10sec
 ON  OFF  OFF  OFF  30sec
 OFF  ON  OFF  OFF  1min
 ON  ON  OFF  OFF  2min
 OFF  OFF  ON  OFF  5min
 ON  OFF  ON  OFF  10min
 OFF  ON  ON  OFF  30min
 ON  ON  ON  OFF  1hour
 OFF  OFF  OFF  ON  2hour
 ON  OFF  OFF  ON  5hour
 OFF  ON  OFF  ON  10hour
 ON  ON   OFF  ON  1day
 OFF  OFF  ON  ON  2days
 ON  OFF  ON  ON  5days
 OFF  ON  ON  ON  10days
 ON  ON  ON  ON  30days